飲食店経営者必見!instagramでのマーケティング(基礎編)

2021.01.29

情報社会化が進む現代において、老若男女問わず日常に最も欠かせないツールのスマートフォン。

何か分からないことを調べる、情報を手に入れるためにはまずスマホ片手にキーワードをググります。

会社の飲み会、同級生との女子会、恋人との記念日ディナーなどそれぞれイベントに合ったレストランや飲食店を見つける際にはまずスマホで情報収集する方が多いのではないでしょうか?

スマホから得た情報をもとにお店選びをする客が多いとなると、お店側は客がスマホから得られる店の情報や客を寄せ付けるようなコンテンツを豊富にする必要があります。

そこで今回は飲食店がスマホを利用して行えるWEBマーケティングに活用すべきINSTAGRAMについて紹介していきます。

なぜ、インスタグラムが効果的なのか!?

インスタグラム

インスタグラムは現在世界で最も利用されているSNSの1つであり、公式ホームページ(https://instagram-press.com/our-story/)にて下記の数値を公表しています。

  • ●月間アクティブユーザー:8億人以上
  • ●デイリーアクティブユーザー:5億人以上
  • ●1日に投稿されるストーリーズ:3億以上

昨年の流行語大賞に「インスタ映え」という言葉が選ばれているほどで、日本国内でも今非常に注目度の高いSNSであり、WEBマーケティングには欠かせません。

また、インスタグラムはFacebook、Twitter、Tumblr、Amebaブログなどと連携して投稿ができるため、インスタグラムに1つ投稿するだけで他のSNSの更新も行うことができて便利です。

インスタグラムは無料で使えるSNSなので、上手く使うことができれば広告費などの費用を抑えて集客を増やすことができます。

現在では、動画の投稿や、story機能でリアルタイムな情報をユーザーにアプローチできますので使い方は様々です!

まずは、プロフィール画面を充実させよう

個人のユーザーが、友達の投稿や、オススメの投稿からお店のアカウントをフォローする際、必ずアカウントのトップページに行きます。

その際に、必ず一度はプロフィールの文章をみることになります。

下記情報を、掲載することがオススメです。

  • 営業日
  • 営業時間
  • PR文章
  • 場所
  • ホームページ

お店の詳細を知ってもらうチャンスにもなりますし、フォロワーの増加にもつながります。

『実は、バーだけど食事も本格的なんだ』
『ワインが充実しているんだ』
『実は、そんなに高くないんだなー』

など、どのようなお店なのかをしっかりと認知してもらいましょう。

料理や店の雰囲気が伝わる写真の投稿と、撮影のポイント!

食べ物を撮影

美味しそうな料理や店の雰囲気が分かる写真の有無は客が店を選ぶ際に大きく影響します。

客にとって店を選ぶ際に店のヴィジュアルイメージはとても重要で、同じイタリアンのお店でも調べた際に美味しそうな料理の写真が載っている、料理や店の雰囲気が分かる写真がある、多く載せられている方の店に客は惹かれます。

インスタグラムは写真投稿がメインのSNSなので、店のヴィジュアルイメージをマネジメントするのに最適です。

写真はプロに撮ってもらうのもいいですし、最近ではスマホと写真アプリを利用して誰でも十分に綺麗な写真を撮ることもできます。

また、みなさん、お店の出店の際、店内の雰囲気やイメージに、こだわりを持って内装工事をしていると思います。

撮影する際は、角度色味や明るさのテイスト食器など統一感を出しましょう。

統一感を出すことにより、一覧ページで統一感が出て、より多くの写真を見てもらうことが可能になります。

料理の撮影にオススメの撮影アプリ『FOODIE』

foodie

いざ、撮影となってもかっこよく写真を撮るのは、難しいです。。。

そんな方におすすめなのが、『FOODIE』という料理専用の撮影アプリです!

個人的にも、使ってるのですが、とても簡単に綺麗な写真が撮影が可能です!

旅行の際に、サクッと一発で撮った写真がこちら!

カルビ写真

アプリから、直接投稿もできますので個人的にもすぐに投稿して食べれますので重宝してます。

ぜひ試してみてください。

INSTAGRAMストーリーの活用ポイント

まず、ストーリーズ機能とは、24時間限定で配信される15秒ほどの短い動画機能のことです。

ユーザーは、ワンタップで次々とフォローしたユーザーのSTORYを見ていきますので、人気の機能となっています。

リアルタイムで、ユーザーにアプローチできるのが特徴です。

食べ物や、本日のメニューや、空席情報など、今すぐに伝えたい情報をSTORYでアプローチしましょう!

ストーリーズのハイライトを作る

動画は通常の投稿でも載せることができますが、ストーリーズにはハイライトという機能があり、ストーリーズに投稿した動画を1つにまとめることができます。

ハイライトは下記のようにページのトップに自己紹介文のすぐ下に表示されます。

インスタグラムハイライト

ハイライト機能を利用し料理の紹介、店の雰囲気など各カテゴリーごとに動画をまとめておくと、客に画像では伝わりきらない店の魅力をページのトップからいつでもすぐにアピールすることができます。

ハッシュタグ(#)を有効活用

ハッシュタグはインスタグラムにおける検索用キーワードの役割を果たします。

例えば、下記のように#foodと検索してみると287百万もの投稿が該当します。

hashtag

このように既によく使われている人気のハッシュタグをキャプション(写真の説明文)に使えば、多くの人に見てもらう機会が増えます。

料理や店の写真を投稿する際には、既存の人気ハッシュタグやトレンドのものを用いて投稿すると多くの人の目に留まる機会が増え、お店のプロモーションとなります。

また、ユーザー特定のハッシュタグを用いて投稿することでキャンペーンに参加でき、クーポンや無料食事券が当たるなどのユーザー参加型キャンペーン、プロモーションを行う店も増えてきています。

ユーザーがキャンペーンに参加することによって、情報が多くの人の目に留まる機会が増え、店の名前や料理が自然と拡散され宣伝効果が期待できます。

インフルエンサーの影響力を借りる

この戦略はインスタグラムのフォロワーの多いインフルエンサーをお店に招待し、食事を無料で提供するなどの代わりに彼らにお店のレビューを投稿してもらうというものです。

特にオープンしたての新しい店は一定の客足や評価、口コミを得るのが大変なため、インフルエンサーをお店に招待して料理や店の雰囲気が分かるような写真と共にレビューをインスタグラムに投稿してもらうと宣伝となり、客足や口コミを得ることができます。

こちらはdinela(https://www.instagram.com/dinela/?hl=ja)という343千人のフォロワーがいるロサンゼルスのレストランを紹介しているアカウントです。

influencer

上記の写真の投稿では、アカウントがキャプションにてとあるレストランのメニューを紹介しています。

紹介文の中にレストランのアカウント、写真にタグ付け(写真にアカウントのリンクを貼ること)をして紹介してもらうことでこの投稿を見た人をレストランの公式アカウントへと誘導し、レストランのアピールをすることができます。

インフルエンサーのフォロワーが多い、影響力が大きいほど注目を集めることができるでしょう。

instagram活用方法まとめ

今回の活用方法では、下記の方法を紹介いたしました!
・プロフィールは、しっかりと書こう
・写真アプリで、写真を投稿しよう
・ストーリーで、リアルタイムな情報を発信しよう
・ハッシュタグで、フォロワーを増やそう

ぜひ実践してみてください!
webマーティングや、制作のことなら、是非ご相談ください!